からふるきゅうぴい colorfulqp.exblog.jp

*IT'S QPFUL DAYS* 


by colorful-qp
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

下品な青春, ブレーキない欲望の疾走に対して言う

インソン君のニュースは止まりません。
nkino site  
c0061405_1852021.jpg
↑のサイトで、インタビュー映像が見られます。モデルのインソン君のオーラがすげっ。
そして、一転インタビューになると普通の青年のお顔も見え隠れしちゃったりなんかして。
More↓には記事の翻訳があります。文字だらけなので、お暇なときにどうぞ。^^ 私もまだ読みきってません。




ある日, 市内某中華料理店で柳河監督, チャ・スンゼサイドスFNH 代表, チョ・インションの所属社引っ越し, そしてチョ・インションが会同を持った. 表面積な理由は “顔一度見よう”だったが分かってみれば柳河監督がチョ・インションに新作シナリオを渡すための席だった. 中それでもドラマ [春の日] 以後 ‘強いキャラクター’に対する欲望ができていたチョ・インションは大丈夫な機会になるという心にお正月?だ. “初めに草稿を読んだ時は内容がそらぞらしいかも知れないという考えがちょっとしたがあんまり監督様に対する信頼が大きかった.” チョ・インションはとにかく柳河監督に “組織暴力団を美化する作品なら出演しなかったんだ”と言った. それだけこの映画が違う組織暴力団映画たちとは明らかな差別性があると確信したからだ. チョ・インションの目に <卑劣な距離(通り)>はどんな点が一番 ‘ドル’ 見えたのだろう.

チョ・インションは <卑劣な距離(通り)>を “下品な青春に対する映画”と言う. “欲望を向けて前だけ見て駆け付ける青春を考えて見なさい. とても不安要素たちが多くないか. 私たち映画はそんな人間の青春を扱おうと思った作品だ.” 詩人である監督の影響を受けたのだろう. チョ・インションが使う言語も何か ‘アップグレードになった’ 感じだ. チョ・インションは監督の前作たちに対する話をしながら <結婚は, 狂った仕業だ>にぞっこん惚れ込んだ話をしてくれた. チョ・インションの年を考えて見れば案外の末日こともある. “そのままそうでそんなセックス映画と思った. ところで映画を見てからそのように思った自分自身がきまり悪かった. すごくディテールが生きている映画で共感台が形成される映画と思った.”

評壇や大衆に同時に歓迎受けた映画 <マルズックゴリ残酷史>に対する話も自然に出た. “グァン・サンウが ‘大韓民国学校 X剥きなさいそう!’と叫ぶ場面がある. 映画はその一言せりふが妥当性あるように聞こえるようにされている. 私たちが一度ほどは吐き出したかった言葉ではないか. そんな感じをあのようによく伝達することができるという事実にとても感動した.” チョ・インションはインタビュー途中 ‘共感台’という言葉をよく使った. 自分の演技したキャラクターが, 自分が出演した映画が人々の心を自然に盗むことができたらと思う所望のためであるでしょう. 彼は “<マルズックゴリ残酷史>が我が国の学校(教育制度)に対する反抗だったら <卑劣な距離(通り)>は社会構造に対する反抗で叫びだ”と言う. 組織暴力団はそのままドラマをもうちょっと劇的に見えるようにする装置であるだけなことだ

個人的に映画で一番印象的なせりふでチョ・インションはこのせりふを指折った. “ビョングドは踏み倒されたお金受けて施行事業のために仕事をする人だ. 組織暴力団を恐がりながらも彼らを要する社会が私たちの社会だ. そんな人々ができるしかない社会構造中でこの友達も皆各自のする仕事があるものだ. ところで一方病気もやっぱり人だから家では一番役をしなければならないし, ガールフレンドにはボーイフレンドとしてすべきことをして暮す. 結局は皆各自の仕事があるので, 人間と言う(のは)すべてそこでそこであることだ.”

それでチョ・インションは演技する時ビョングドという人物が非常に人間的に見えたら良いという考えをたくさんした. 彼が思うのにビョングドは私, そして私たちに似ている人間だからだ. “アクション映画の外被を使っているがこの映画は徹底的にドラマが導いて行く映画だ. それで感情を逃せば退屈になるものと決まっている. 武術監督様もアクションが派手ではなくても, 合が違っても, 感情だけ維持してくれればOKだ, と言った. そんな点を思って演技した.” 実際に彼は複雑な感情を演技しなければならないはいた易しく終わったが平凡で日常的なせりふたちがもっと難しかったと言った. 映画も, 生も分かってみれば本当にアイロニーだらけだ. チョ・インションは <卑劣な距離(通り)>のビョングドを通じてたぶん逆説的な真理を盛っている生の裏面を味わったかも知れない.

柳河監督はチョ・インションにこんなお願いをしたと言う. “熱演をしないでドル.” “バスから終わった人のように, 何らの準備をしない人のように演技して違う. 組織暴力団のように見えなくても構わない. 君が力を込める延期をするようになればクライマックスの時これ以上上がる時がない.“ かなり鋭い知的だ. チョ・インションは監督から ‘熱演しない方法’に対して学んだと言った. なまり延期をしなければならない時も監督は “ぎこちなければするな”と注文した. 作為的な熱演よりは肩と目に力を抜いたままリアルな生活延期をするようにしたし, ぎこちないなまりはするなと言いながらゴルグックはなるまで末までさせた監督の ‘俳優調練’ 腕前は確かに一流級であるようだ. 監督はチョ・インションに “今君が日恨んでも構わない. 映画が終われば君がすべて持って行くから”と言ってくれたの. 基本的に俳優に ‘私を信じてドル’というものを言ったことだが, 役で見れば監督もチョ・インションを自分の食べ物は自分が持って行くことができる俳優に信じていたという意味もなるでしょう. 最小限チョ・インションは <卑劣な距離(通り)>を通じて得たのが多いと言った. “結果より過程が重要だ”と言うフレームにめりこんだ話に盛られた真理を自ら悟ったと言った. 俳優チョ・インションはそのように肉体の年だけではなく精神の年輪を一つ二つふやして行っていた.

チョ・インションは周辺人々に “できないようだったりあるが, 一応自分ばかりの色がある. とにかく見ていれば君の色に童話される”という言葉を聞いたりする. 何か不足な点があると言ってもこんな式の指摘は俳優チョ・インションに力を込める言葉だ. 自分の色こそ俳優の寿命を延長させることに必須な要素ではないのか. インタビュー中そばに座っていた広報担当者がチョ・インションに関するかなり鋭い分析を出す. “学ぶ二つの種類がある. 理性的に演技する俳優と感性的に演技する俳優. チョ・インションは後者の方だ. 少しではないと思っても感性的に演技する俳優たちに好感を感じる.” 言わばチョ・インションは冷たい俳優ではなく熱い俳優の方に近いという意味だ. 何か延期の中で心細さと演技者本人が経験している感情の振動みたいなのが見えればそれがむしろ人間的に近付くようにするというのだ. 聞いて見たらとてももっともらしく聞こえる.

チョ・インションは [学校3], [ピアノ] などでいわゆる ‘男性的’と呼ばれる強いイメージのキャラクターをして見たことがある. [バリで生じた事]や [星を射つ], [春の日] などでは彼と正反対で粹な外貌を持った幼弱な男に変身して人気をあつめた. また [ニューノンストップ], <南男北女> などではコミックなイメージも見せてくれた. 考えて見れば意外に変身の幅が大きい役目たちをして来た. しかし映画の方ではこれと言うように評価を受けた作品がなかったことも事実だ. ここに対する質問にチョ・インションは何気なく受け流す. “あの, まだ幼いです….” シンプルながらも明快な返事だ. 彼はまだ今までしたよりしなければならないことが多い俳優だ. <卑劣な距離(通り)>を通じてチョ・インションはもう幕 ‘すべきこと’ 中極めて一部分を結末をつけただけだ.
[PR]
by colorful-qp | 2006-06-03 15:21 | チョ・インソンくん